開催要旨


*次回は岡山で開催予定です。




------------------------------

1907年に報告された細胞凝集・自己組織化の現象は海綿を皮切りに様々な生物で確認され、100年以上経過した現在でも生物学の様々な分野で重要な研究対象となっています。

様々な分野の細胞凝集現象を扱う研究者が数多くいるにも関わらず、学際的な研究会・学会は開催されていないようです。

4回目となる今回、札幌に細胞凝集に注目した研究者や企業が集まることにより、異分野間でのノウハウや知見の相互交流をすすめ、あらたなブレイクスルーやイノベーションのきっかけを生み出すことを期待しています。






事務局・世話人



佐賀大学医学部

臓器再生医工学講座

   中山 功一

cag2013あっと nakayama-labs.com