プログラム 2018 (案)

9:009:30:受付

 

9:309:50:開会の辞

 

9:5010:40:特別講演


落谷孝広先生(東京医科大学 医学総合研究所)

「成熟肝細胞のリプロミングによる肝再生」


10:4011:40:企業プレゼンテーション①

 

11:5012:20:ランチョンセミナー


  梶弘和先生(東北大学大学院 工学研究科 ファインメカニクス専攻)

   「高分子デバイスを用いる薬物・細胞デリバリー」

 

12:3013:10:企業プレゼンテーション②

 

13:2014:20:シンポジウム1


後藤典子先生(金沢大学 がん進展制御研究所)

 「乳がんの三次元培養を用いたがん幹細胞制御機構解明へのアプローチ」

近藤純平先生(京都大学大学院 医学研究科 クリニカルバイオリソース研究開発共同研究講座)

 「がん三次元培養CTOS法を用いた薬剤ハイスループットスクリーニング」

中川勇人先生(東京大学 消化器内科)

 「胆管上皮細胞死を起点とした胆管再生ネットワークと発癌に至るメカニズム」

 

14:2015:10:特別講演


中垣俊之先生(北海道大学 電子科学研究所)

「原生生物粘菌のアメーバ運動と集団パターン形成」

 

15:1015:20:リフレッシュ体操 凝集プラス


青山朋樹先生(京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻)

 

15:2015:50:小休憩 + ポスターセッション(Flash発表なし)

 

15:5016:25:シンポジウム2


三浦岳先生(九州大学大学院 医学研究院 生体制御学講座)

 「血の通った培養系:マイクロ流体デバイスと自己組織化血管網の融合」

梨本裕司先生(東北大学 学際科学フロンティア研究所)

「マイクロ・ナノデバイスを用いた血管機能制御/評価法の開発」

 

16:2517:05:シンポジウム3


池内真志先生(東京大学)

 「Microfluidics技術を用いた超小型細胞塊量産システム」

後藤昌史先生(東北大学大学院 医学系研究科 創生応用医学研究センター)

 「細胞凝集塊である膵島を用いた糖尿病移植医療の現状と展望」

 

17:1018:05:シンポジウム4


林誠先生(理化学研究所 環境資源科学研究センター)

「植物・微生物共生における細胞リプログラミングとその進化」

永樂元次先生(京都大学 ウイルス・再生医科学研究所)

 「多細胞体の自己組織的なパターン形成および形態形成メカニズム」

青木航先生(京都大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻)

「神経ネットワーク機能の網羅的解析を目指したバイアスフリーオプトジェネティクスの開発」

 

18:0518:15:閉会の辞

 

19:00~:懇親会

Comments